fbpx

【ウソ?ホント?暴言吐いちゃいます!】2024年ロサンゼルス不動産マーケットの3つの迷信

2024年ロサンゼルス不動産マーケットの3つの迷信
不動産マーケットは常に変化していて、誤解を招きやすいものです。今日は、よく聞く3つの不動産の迷信とそのホントのところについてお話します!

迷信1:「住宅ローンはやっぱり20%以上の頭金が必要ですよね?」

もちろん、多くの頭金を入れた方が、月々のお支払いは楽になるので、それに越したことはないですが、、、

本当のところは、20% 以下でも、家は買えます!

first time homebuyer向けの支援プログラムがあったり、3%〜5%と非常に低い頭金でローンを提供してくれるLenderさんもあります。

20%より少ない頭金でも、毎月のモルゲージを無理なくお支払いできるのなら、やはり頭金が貯まるのを待つのではなく、早めにお家を買った方が良いです。なぜかというと、頭金を貯めるスピードよりも、家が値上がりするスピードが速いので、待っていたら、お家がどんどん買いにくくなっていくからです。

迷信2:「春が一番家を買うのにいい季節」

春は一般的に不動産の取引が多い季節なのですが、2024年に入ってから、住宅ローンの利率が下がってきて、バイヤーの動きが増えたことで、売りに出そうと意欲的なセラーも増えてきています。つまり“早い春”がもう既にこの1月、2月に来ています!秋や冬のような閑散期でも、競争が少ないということで、意欲的なセラーもいます。
一年を通して取引があるので、時期を狙うよりも自分のタイミングで、常にアンテナ高く張って、行動してほしいと思います。

迷信3:家買うより賃貸の方が安い

短期的にはその通りだと思いますが、5年、10年と長いスパーンで考えた時、本当のところは、購入する方がお得なことが多いです。

購入する場合、頭金やローンの支払い、保険料、固定資産税、メンテナンスの費用など、多くの追加費用がかかるのですが、将来値上がりしてまた売ることを考えると、モルゲージを払っているのも貯金しているみたいなもので、自分の資産になっていきます。一方で、賃貸の場合は、毎月払っている家賃はどこかに貯まって自分の資産になるわけではないので、「ドブに捨てているのと同じだ」とよく言われています。

まとめ

お家購入は住まい兼投資なので、周りの論調に流されることなく、情報を正しく得ていくのが大切です。自分のライフスタイルに合わせて、判断してくださいね!ぜひお気軽にご相談ください。

yuiueno0520@gmail.com

Join The Discussion

Compare listings

Compare