fbpx

【住宅価格下落?】見出しに惑わされないためのマーケットの真実

2024 Market真実

最近、住宅価格の値下げに関するニュースをよく見かけませんか?しかし、見出しは時に人々を不安にさせるだけで、実態を正確に伝えていないことがあります。今回は、住宅価格の本当の動向について解説します。

住宅価格は下落しているのか?

結論から言うと、住宅価格は1年前と比べて上昇しており、今後も緩やかながら上昇を続けると予想されています。

Redfin や Realtor.com などからの最近のレポートでは、「価格値下げが過去最高水準」といった見出しが躍り、価格が下落していると誤解してしまうかもしれません。確かに、市場に出回っている住宅の一部で値下げが見られますが、それは必ずしも住宅価格全体が下落していることを意味しません。

希望価格と売却価格の違いを理解する

住宅価格を考える上で重要なのは、売り手が希望する価格(希望価格)と、買い手が実際に支払う価格(売却価格)を区別することです。

希望価格は、売り手が住宅を売りに出す際に設定する価格であり、市場の状況や買い手の反応によって変動することがあります。現在の市場では、高金利の影響で買い手の予算が圧迫されているため、売り手は希望価格を調整せざるを得ない状況です。これが、価格値下げの増加につながっています。

一方、売却価格は、実際に取引が成立した際に買い手が支払う価格です。そして、この売却価格は依然として上昇傾向にあり、今後も上昇が続くと予想されています。

住宅市場の今後

価格値下げの増加は、住宅市場の需要が落ち着いてきているサインではありますが、住宅価格全体が下落しているわけではありません。住宅価格は依然として年間ベースで上昇しており、今後も緩やかな上昇が続く見込みです。

住宅購入を検討している方は、見出しに惑わされず、市場の状況を冷静に見極めることが大切です。

お気軽にお問い合わせください。

Yui Ueno | ロサンゼルス不動産

📍How to Buy or Sell real estate in Torrance | Palos Verdes | South Bay with confidence
🔑ロサンゼルス物件の購入、売却、賃貸のTips
🗣Communication is the key 🇯🇵🇨🇳🇺🇸
yuiueno0520@gmail.com

Join The Discussion

Compare listings

Compare