fbpx

【知らないと損!?】2024年ロサンゼルスで家を売るとき必ず行うべき3つのこと

2024_家売る時必ずやるべきこと3つ
こんにちは。2024年に家を売って引っ越すことを考えているあなた、ワクワクと寂しさの両方を抱えていることだと思います。この感情のバランスを取って、自信を持って決断を下すためには、家を売るときに必ず行うべき3つのベストプラクティスについてお話していきたいと思います。

1、家を適正価格で売ること

2023年の住宅市場は、住宅ローン金利の上昇と住宅価格の上昇のダブルパンチで、家買いたくてもなかなか買えなかったバイヤーにとって厳しい一年でした。しかし、2024年は金利が下がってきてることもあり、バイヤーは徐々にマーケットに戻ってきています。売り手として、マーケット状況を把握して、適正な価格で家を売ることが依然として重要です。

Realtor.comの経済調査アナリストであるHannah Jones氏は、次のように述べています。

「売り手は、地元の不動産マーケットを理解し、ローカルのエージェントと密接に連携して、物件を魅力的に買い手に見せる工夫が必要不可欠です。住宅価格の上昇に圧力を感じている買い手は、より慎重になる傾向があるため、適正に価格を設定し、きちんとメンテナンスされた家は、大きな需要を呼び込みます。」

家を高すぎる価格で売ると、買い手を遠ざけるリスクがあり、一方で、安すぎると、お金を失うことになります。あなたの理想的な希望価格を決定するのに、経験豊富な不動産エージェントに相談するのが一番早いです。

2、感情を抑えること

これはどういうことかというと、この10年ぐらいの傾向として、ホームオーナーは以前よりも長く同じ家に住んでいます。

全米リアルター協会(NAR)によると、1985年以降、ホームオーナーが自宅を所有している平均期間は6年から10年に伸びています。これは、かつて3年から5年で家を買い替えるという常識よりもはるかに長い期間です。

同じ場所に長く滞在すると、その場所に愛着を抱くようになる可能性が高いです。初めて購入した家や、子供を育てた家であれば、特別な意味を持ちます。すべての部屋に思い出があって、ホームオーナーにとっては、家の実質価格からこの感情的な価値を切り離すのが難しいと感じるものです。

そのために、交渉や最適な価格設定戦略について、ローカルの不動産エージェントに助けを求めることが重要です。

3、適切にHome Stagingすること

長年にわたって家をカスタマイズしてきたインテリアだったり、こだわりがあるかもしれませんが、すべての買い手がその雰囲気を同じように感じるとは限らないです。

全米リアルター協会の副チーフエコノミストJessica Lautz氏は、次のように述べています。

「買い手は、新しい家の中に自分自身が住んでいるイメージを簡単に想像したいものです。ホームステージングは、物件を最高の状態で披露する方法です。」

つまり、自分のこだわりの家具とか、家族の写真とか、個人的なものは一旦外して、家の第一印象に焦点を当てて、最近のtrendも意識して、できるだけ多くの買い手にアピールするステージングの工夫が重要です。

まとめ

この3つの必須事項を優先
しながら、ローカルの不動産エージェントに相談して、プロセスをナビゲートしてもらってください!

トーランス、パロスバーデスなどロサンゼルスサウスベイ近辺の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

yuiueno0520@gmail.com

Join The Discussion

Compare listings

Compare